Thumb Sprain

SSD換装で2014年発売のノートPC Floral Kissが甦る!!

By
約3分

SSD換装にどっぷりハマってしまい、MacBook ProのSSD換装を含めると3台目。
Macの換装の際は、起動速度は速くなったものの、動作に変化はみられなかった。
前回、換装したDellノートPC Windows10 Inspiron 14Rでは動作まで爆速・快適になり感動しております。

Dell Inspiron 14RのHDDをSSDに変えたら爆速快適に。

3台目の今回は女性用ノートPCの富士通FMV LIFEBOOK Floral KissのHDDをSSDに換装しましたので紹介します。

結果からいうと大成功!

爆速です。

Floral Kiss × WD BLUE SSD 250GB

パソコンの起動速度が遅い。時々、動きが止まる。

そう言われた時、女性用のパソコンだからスペックが低いんじゃないの?と思っていたが、スペックは抜群に良かった。(ブラウザ、Officeソフトの使用だけと考えた場合)

CPUタイプ Intel Core i5-4200U
RAM容量 4GB
USB3.0ポート 3つ
ドライブ スーパーマルチドライブ

SSDの他に必要なもの

SSD以外に必要なものはSSDをPCを繋げるSATA変換ケーブルが必須。取り出したHDDをバックアップ用に使用するのであれば、ケースタイプの物の方が良いと思います。

必要なもの

  • SSD
  • SATA変換ケーブル
  • プラスドライバー

まずはクローン化

今回はAcronis True Image WD Editionを使用してクローン化を行いました。1度目は部屋の掃除をしながら行い放ったらかしにしていました。結果、Windowsが起動しており失敗です。

2度目にクローン化成功。作業中に表示される「この操作の完了時にコンピューターをシャットダウンする」のチェックを外すとうまくいきました。

個人的にはシャットダウンしないコピーのような形の前回使用した「HD革命/CopyDrive」の方がわかりやすく簡単でした。

Dell Inspiron 14RのHDDをSSDに変えたら爆速快適に。

分解は簡単

写真はHDD(右下)を取り外しています。

女性でも簡単に分解ができます。
特殊なドライバーは必要がなくプラスドライバーのみで完結。HDDは持ち上げながら引き抜くと簡単に外れます。

MacBookは専用のドライバー(星型)が必要だし、めんどくさかったな。。

HDDはまさかのWD BLUE

HDDがまさかのWD BLUE。HDDはだいたい東芝のイメージだったけどWDでしたか。

SSDの差し込みはコツが必要

差し込み口が少し下に向いています。斜め下に差し込むイメージで作業をするとうまく設置できます。

起動速度がマイナス80秒

HDDを使用していた際は起動まで約1分30秒要していましたが、SSD換装後は約10秒と爆速!
ディスク使用率も起動直後からほぼ0%と快適。
Windows10はデスクトップでもHDDの場合、ディスク使用率が100%になってしまうのでSSDに換装することは必須です。

この記事を書いた人

Yuta
元外資系航空会社スタッフ。現在は情報・通信業で働くサラリーマン。休みの日はパソコンをひたすら触っています。GUUと共同運営しているWebマガジン Macau Packersもよろしくお願いします!!
Follow :