Thumb Sprain

PS4コントローラーのL3が正常に動作しないので修理してみた。

By
約 3 分
PS4コントローラーのL3が正常に動作しないので修理してみた。

PS4のコントローラーが正常に動かなくなってしまいました。

FPSをプレイすると分かると思うんですが、ダッシュがL3でスティック押さえ込み。慣れていないのもあり力を入れすぎているのかもしれません。

同様の不具合で修理に出してから半年で同じ症状が起こったので修理に出すのは馬鹿らしいので自分で修理をしてみました。

今回の修理方法でL3が復活したので、修理はもったいないな?っという人は自分で修理してみてもいいかも。

*分解や修理による不具合は自己責任でお願いします。

コンタクトスプレー

買って間もないコントローラーの不具合はボタンを酷使したことによる接触不良です。

今回のような不具合の場合はコンタクトスプレーを吹きかけるだけで解消する可能性があります。

分解は慎重かつ大胆に。

コントローラーを分解します。

まずは小さめにプラスドライバーで外側のネジを全て外します。ネジは転がって無くなったりするので、入れ物に入れて無くさないように。

コントローラーの上部分と下部分で分解できるんですが、かたい。。。

プラスチックのツメなどでゆっくり開けていくのがセオリーでしょうが今回は力技で開けました。

上下がケーブルで繋がっているので切らないように慎重に、力強く大胆に開けましょう。

背面部分とつながっているケーブルを抜いたら背面と前面を分けることができます。

バッテリーも外すとこの通りすっきりします。黒い部分のネジがあるので外しましょう。

前面とつながっているケーブル。これを外すと前面のプラスチック部分を取り外すことができます。

今回はL3の反応が悪いので左側のスティックのゴムの部分を取り外してコンタクトスプレーを吹きかけます。

あまりかけすぎても良くないかなとは思いますが、たれないぐらいの量を吹きかけないと意味がなかったです。

かけすぎた場合はティッシュや綿棒で拭き取りましょう。

最後に元に戻して終了!ネジは仮止めで操作テストしてもいいかも。反応が悪い場合はコンタクトスプレーの量が少なかった可能性もあります。分解しやすい状態でテストしましょう。