Thumb Sprain

Dell Inspiron 14RのHDDをSSDに変えたら爆速快適に。

By
約3分

Windows8搭載のDell Inspiron 14Rはスペックが高く、価格がお手頃というヨドバシのスタッフオススメ商品でした。少しもたつくかなと思いながらもストレスが溜まるほどのものではなかった。後にWindows10が発表され、アップデートをしてからノートPCの動きが遅くなりストレスが溜まる原因になっていました。
同時期に購入したFloral kissも全く同じ症状でストレスが溜まる一方です。

今回、この問題を解決する為にHDDをSSDに変えてみたら「爆速快適」になったので紹介します。

購入したもの

インテルSSD 545S 256GB

SSDはインテルのSSD 545Sを購入。理由は誰もが知っている会社という無条件の信頼から購入。Amaonでの評価も高い商品です。SSDについて調べると「データが壊れた」や「認識しない」など問題があるようですが、今回のインテルSSDは問題なく使用できました。
また、5年限定保証がついており安心して利用ができます。

揺るぎない価値とパフォーマンスを確信できる信頼性の高いストレージを手に入れましょう。ご使用のハードディスク・ドライブ (HDD) をアップグレードして、コンピューターの起動時間およびアプリケーションのロード時間がいかに早くなるかを体感してください。

引用: インテルホームページ

HDD/SSD SATA変換アダプタ

HDDのクローンを作るのに必要なSATA変換ケーブルを購入。データをコピーするソフトウェア「HD革命/CopyDrive」が無料でついてきたのでこれを購入しました。ソフト付きで1000円ほどだったので他の商品と何ら変わらない値段。
購入後に調べて気づいたのですが、無料でクローンを作れるソフトがいっぱいありました。

SSDとSATA変換ケーブルが準備できたら作業開始!

まずはクローンを作成

付属していたソフト「HD革命/CopyDrive」でクローンを作成。日本語なので指示通りでコピー完了。
コピーに要した時間は約1時間でした。長い。。
USB3.0でないポートで作業したからだろうか、物凄い時間がかかりました。
USBポートが2.0だの3.0だの2種類あるのやめて欲しいな。一つにして欲しい。わかんないから。

HDDの入れ替え

HDDはバッテリーと逆の位置にあり、ネジを1本取れば開けることができます。メモリもここを開ければ交換できます。この作業を行う際は念の為、バッテリーを外しておきましょう。

HDDを固定してある3本のネジを外します。黒い持ち手を左の方へ引っ張るとHDDが外れます。

SSDを左に押し込んで設置、HDDより厚みが薄いのでプレートとSSDを固定するネジが止まりませんが問題ありません。中央の本体と固定する1本のネジのみで良いです。

起動速度が劇的に早くなりました。

SSDに移行し、PCの起動速度が劇的に早くなりました!!
約50秒(HDD) → 約10秒(SSD)
起動速度だけでなく、動作のもたつきも無くなり快適そのもの。ディスク使用率も常に100%だったものが基本0%になりました。
パソコンの動きが遅くストレスになっている人はHDDをSSDに変更し、快適なパソコンライフを手に入れてください。

この記事を書いた人

Yuta
元外資系航空会社スタッフ。現在は情報・通信業で働くサラリーマン。休みの日はパソコンをひたすら触っています。GUUと共同運営しているWebマガジン Macau Packersもよろしくお願いします!!
Follow :