Thumb Sprain

UberEats配達員は稼げるの?ぶっちゃけどうよ?実際に配達してみてわかったこと。

By
約3分
UberEats配達員は稼げるの?ぶっちゃけどうよ?実際に配達してみてわかったこと。

平日は会社員として働きながら、土日祝のみ福岡でウーバーイーツの配達員をしています。
運動不足解消だったり、少し小遣いを稼げたら良いなという気持ちで始めました。
ネットでは色々な情報が錯綜しているので、UberEatsの実態がわかりにくいというのも事実。

本記事では僕自身も知りたかった「稼げるのか?」「実際どうよ?」という点についてお伝えします。

稼げるの?

一番気になるのはこれだと思います。
実際の収益を見せるのがわかりやすいと思うので僕の収益を晒します。

2日で5900円

オンライン7時間で5900円の収入です。個人的には少ないかなと感じています。
その理由をメリット、デメリットを交えて下記で説明します。

良いところは?

ウーバーイーツの良いところは好きな時間に働いてお金をもらうという点。

暇だからっと、気軽にお金を稼げるのが良いところ。毎週6000円〜10000円程度稼ぎ、一月で4万と考えると大金です。非常に良い稼ぎだと思います。

メリット

  • 気楽に稼げる
  • 疲れたらやめれる
  • 強制されない

悪いところ

気軽に働ける。そうは言っても時間が奪われます。1時間の間に1件しか配達が出来なかった場合、30分以上は待機。待機時間は自由じゃん!好きな事しようよ。なんて考え方もありますが、多くの人は時間を持て余しているはず。ここの時間を有効活用できる人はUberEatsの配達員に向いているのかもしれません。
そして、時給問題。今回の7時間オンライン(待機時間を含む)で5900円の収益は時給に換算すると840円。これは配達代にボーナス(ブースト、クエスト)を足した一番良いコンディションの場合の収益です。
最高のコンディションでもこの収益だと考えると他の日は時給が低くなるのは間違えなし。もちろん、待機時間を抜くと時給は跳ね上がるので考え方次第です。私の場合はデメリットになってしまいます。

デメリット

  • 時給が低い(待機時間を含めた場合)
  • 待機時間が多い
  • 想像以上に疲れる

ぶっちゃけどうよ?感想は?

メリット、デメリットを考えると両方とも数多く出てきますが、デメリットの方が多い印象。ただし、お金を気楽に稼ぐことができるという点は本当。

休日に暇を持て余している人には良い運動にもなるのでオススメです。

UberEats配達員の登録はこちら!

配達員になる

この記事を書いた人

Yuta
元外資系航空会社スタッフ。現在は情報・通信業で働くサラリーマン。休みの日はパソコンをひたすら触っています。GUUと共同運営しているWebマガジン Macau Packersもよろしくお願いします!!
Follow :