Thumb Sprain

Telloの初期設定と飛行まで。実際は設定は超簡単です!

By
約2分

Telloの飛行に必要なものはスマートフォンのみ。スマホでの操作は直感で行えるので簡単です。

Telloとスマホを接続

01 Telloの電源を入れる

スマホとはWiFi接続です。接続のためにまずはTello本体の電源を入れます。

02 WiFiを接続する

 

WiFiに「Tello-XXXXXX」が表示されます。セキュリティはないのでそのまま接続しましょう。

Telloのアプリを起動

上記の画像が表示された場合は接続失敗です。WiFiの接続を確認してください。

Telloの映像が表示されたら接続が正常に行われている証拠です。

設定

歯車マークは設定です。ドローンに関する設定は全てここで行います。飛行操作で高速モードというのがあります。操作に慣れてきたら高速モードも楽しんでください。

オススメの設定

一番下の詳細設定を開きます。

画質モードを高画質。スティックモードは2に設定してください。

通常、日本で購入するものはモード1ですが、ドローンレースなど世界的にはモード2が主流です。直感操作にも適しています。

離陸、着陸

左上のボタン(赤い四角の部分)で離陸と着陸の制御をします。離陸と着陸は自動で行われます。着陸に関しては通常着陸、又は手でキャッチする方法の2パターンから選択できます。

フライトモード

ドローンの形をしたアイコンはフライトモードを選択できます。全部で6パターンあり、色々な飛行を楽しむことができます。

メディア系のボタンは3つ

  1. ギャラリー
  2. 撮影モード切り替え
  3. 録画ボタン

最後に

特に難しい設定はないのですぐに飛ばすことができます。
一番注意して欲しいのは充電を忘れないという事。わりと忘れがちです。

では、楽しいドローン生活を!

Telloの開封記事はこちら

【開封】Ryze Tello Boost コンボを購入。トイドローン

この記事を書いた人

Yuta
元外資系航空会社スタッフ。現在は情報・通信業で働くサラリーマン。休みの日はパソコンをひたすら触っています。GUUと共同運営しているWebマガジン Macau Packersもよろしくお願いします!!
Follow :