Thumb Sprain

オーストラリアにワーキングホリデービザで長期滞在する為にした事。

By
約3分

大学卒業後にオーストラリアに1年間滞在しました。就職活動は2社ほど行いましたが、漠然と抱いていた「海外で生活したい」という夢が叶えられるのは今しかないと決断しました。オーストラリアに滞在する為にした事を紹介します。

01 都市を決める

オーストラリアに行くと決めたら次にどこの地域に滞在するかを決めましょう。都市によって色が違うので滞在中どんな生活がしたいかを重点に置いて決めるのも良いかと思います。

僕の場合はGoogle検索で決めました。

  1. オーストラリアと検索
  2. 気になる画像を探す
  3. その気になるもの(建物・食べ物・イベント)がどこにあるか調べる。
  4. そこに決める。

上記の4ステップで決めました。
ちなみに私はフリンダースステーションに興味が湧き、メルボルンに行くことに決めました。

02 エージェントを決める

自分で滞在場所を決めても良いですが、エージェントを通すと手続きが楽なのでオススメです。
私は3ヶ月の語学学校と1ヶ月のホームステイ先、到着後の送迎のみ手配してもらいました。

ラッキーにもオーストラリア人の家庭にホームステイすることができました。日本を離れる直前までご飯に行ったり仲良くしていただきました。

03 パスポート、ビザの申請

滞在のために必ず必要なのがパスポートとビザです。申請から発行まで時間を要するので早めの申請が必要です。一番重要な事項なのでミスの無いよう早めに処理しましょう。

04 航空券購入

滞在先決定やビザの処理が終わりましたら航空券購入です。お金に余裕がある人はカンタス航空などフルサービスキャリアがオススメです。また経由もしんどいので直行がオススメです。私はジェットスターで行きましたが辛かったです。

これで準備完了

上記の4つで準備完了です。ワーキングホリデービザの場合、指定の仕事をすることで1年間滞在をのばすこともできます。オーストラリアでの生活は大変なことも多いですが、楽しいこともいっぱいです。
一瞬でも海外で生活してみたいと思った人は実行してください。一生思い出せる経験が出来るはず。

この記事を書いた人

Yuta
元外資系航空会社スタッフ。現在は情報・通信業で働くサラリーマン。休みの日はパソコンをひたすら触っています。GUUと共同運営しているWebマガジン Macau Packersもよろしくお願いします!!
Follow :