Thumb Sprain

絵本「もいもい」を生後5ヶ月の赤ちゃんに読んでみました。

By
約2分

友人から「もいもい」というタイトルの絵本を貰いました。

このビビットなカラーリングの宇宙生物みたいなのが「もいもい」。
一度見たら忘れられないくらいインパクトのある絵ですね。

一瞬、ナザールボンジュウ(トルコのお守り)を思い出しました。

それはいいとして。

公式サイトを覗いてみると、「あかちゃんとつくったあかちゃんのための絵本」というのがキャッチコピーでした。
「あかちゃんとつくった」というのが、まさにこの絵本の真髄。
なんと東京大学の研究をもとに、トコトン赤ちゃん目線でつくられた絵本なんだとか。
今やメディアでも取り上げられるほど話題の絵本らしいです。

早速、試しに読んでみました。
どんな反応をするのか楽しみ。

記事の最後に、動画も載せていますので良かったら見てみてください!

赤ちゃんにもいもいを読んでみた

奥さんに読んでもらいました。

少し疲れていたのか、出だしは若干の塩対応でしたが・・・

評判の通り、独特な絵に興味津々。
「これはなんだぁ?」という感じで、目線はもいもいに釘付けでした!

もいもいが紙面いっぱいに大きく描かれているページでビックリするかなーと思ったら、一瞬気がそれてしまって空振りしてしまいました・・・w

このページの反応は次回にでも期待します!w

絵本は他にも数冊ありますが、じっと集中して見ているのはもいもいの絵本ですね。

気に入ったようなので、しばらく読んであげたいと思います。
良いプレゼントを貰いました。ありがとう!

「もいもい」の他にも、「モイモイとキーリー」「うるしー」という絵本もあるので、こんど買ってみようかな。
▶︎公式サイトはこちらです

では、もい もい。

 

この記事を書いた人

GUU
普段の仕事はグラフィックで今年6年目。
海外旅行が趣味で、年に数回は海外へ逃避していました。
今は子供との時間を優先した生活を送っています。
ヒマな時にブログを書くので更新はゆっくりペースです。
ライターのYutaとマカオのWEBマガジンサイトを共同運営しています。
最近は、旅行行きたい欲が半端ないです・・・