Thumb Sprain

嫁が初産の時に思ったコトを100個まとめてみた。

By
約7分

最近、子供が夜寝た後に奥さんと話をしていて、妊娠前には知らなかったことや、実際に出産を体験してビックリしたことなどを思い出して、けっこう盛り上がって面白かったので100個抜粋してまとめてみました!
ちなみに奥さんは自然分娩です。

①妊娠中
②陣痛室・分娩中
③妊娠後・入院中
とシーン毎にわけております。

特に、初めてお子さんを産んだお母さんにとっては、当てはまることが多いのでは?と思います。
また、初産を控える奥さんを持つ旦那さんにとっても、自分の奥さんがこれからこんな体験をするよってことを事前に知っておくことも大事かなと思います。僕自身、知らないコトばかりだったので、ところどころで焦ったりジタバタしたり、理解が足りないような行動をとってしまったりしていました・・・。

まあとにかく、この記事を読んで思わず「わっかるわぁ〜。」「あったあった。」「そんなのねぇよ!w」と心の中で共感したりツッコんだりして、楽しく読んでいただけたらと思います。

では、書いていきます。

①妊娠中

001:妊娠検査薬で陽性がでたけど、もう1本試してみる

002:そのあと陽性反応の検査薬を写真に撮る

003:妊娠発覚が遅れて、飲み会に行っていた時期と妊娠が被っていたことに気づいて焦る

004:子供が生まれたらできないことを休日の予定に入れるようになる

005:インスタで他人の赤ちゃんをめっちゃ見る様になる

006:ベビーグッズを鬼の様に検索するようになる

007:国からの手当なども鬼の様に検索する

008:夫がコウノドリを読み始める

009:食べ物の成分をめっちゃ気にするようになる(葉酸とか)

010:食べづわりが辛すぎて、既に心が折れそうになる

011:食べたいものが毎日変わる

012:タバコの煙に敏感になる(喫煙所を避ける)

013:お米の炊ける匂いはマジで不快

014:妊婦検診にいく時は、体重測定があるので軽い服を選ぶ

015:妊婦検診の体重管理が意外と厳しい

016:検診の時に検尿の量が足りているか毎回心配になる

017:妊娠線ができるのが怖くて保湿クリームを塗りたくる

018:こんなに大きいお腹が元に戻るのだろうかとふと疑問に思う

019:お腹のせいで、今まで通れたところが通れない

020:トイレでお尻が拭きづらい

021:冬でコートを着ていると妊婦だと気づかれない

022:お腹が苦しくて、動き始める時に「うっ」と、うめき声がでる

023:足がつる

024:エコー写真は最初の頃はしじみに見える

025:エコーの写真がどこの部分なのかまったくわからない

026:性別がどっちなのか気になって妄想がはかどる

027:これって胎動?と思うけど正直わからない

028:お腹の赤ちゃんに向けて声をかけてみるが、一言二言で、あとは特に話すことがない

029:酸欠になったような感覚で息苦しくなる

030:いつも行くスーパーのレジの人が優しくなった

031:臨月に近づくにつれ、恥骨の痛みが増す

032:妊婦生活は意外と長い

033:外で子供を見ると「いいなぁ、早く会いたいなぁ」と心の中で思う

034:破水したと気づいても慌てずに平常心を保とうとする

035:破水しても痛みがないので少し余裕がある

②陣痛室・分娩中

036:陣痛室で待機中「あー、うー」と周りから悲痛な叫びが聞こえる

037:陣痛室の中にはいびきをかいている人がいた

038:陣痛が痛すぎて、いびきをかいている人にムカついてしまう

039:陣痛が痛すぎてもう子供はこれっきりでいいと心に誓う

040:陣痛が痛すぎて「力抜いて」と言われても無理

041:陣痛の波が怖すぎて震える

042:初産だと分娩が近づいているのか何なのか、何が何だかわからない

043:トイレに行っても結局何も出ないでまた戻る

044:握りこぶしを肛門に押し付けると一旦落ち着く

045:夫にボールに代わる何かを持ってこいと食い気味に命令する

046:痛みの波が来ると、病院に響き渡る声で叫ぶ

047:子供に会えるまであと何時間かかるのかと頭がぐるぐるする

048:この痛みが消えるなら何をされてもいいと思ってしまう

049:とにかく早く分娩室に行きたい

050:分娩中、痛すぎて助産師さんにタメ口をきいてしまう

051:分娩中、赤ちゃんの心拍数が気になる

052:力んでも力んでも頭が出てこない

053:助産師さんと看護師さんの気遣いに泣きそうになる

054:助産師さんが裏で話していること(「こっちの人まだかかりそー」)がめっちゃ気になる

055:分娩中、真剣に死を覚悟する(生命の危機を感じる)

③出産後・入院中

056:生れた瞬間はとにかく超かわいい

057:鳴き声を聴いて安心する

058:とてつもない充実感に包まれる

059:縫合の時間が意外と長い

060:胎盤はグロい

061:産後、2時間弱も分娩室で過ごす

062:生れたその日から戦いがスタートする

063:産後ハイにならないように心がける

064:出産後、陣痛から出産までのハイライトを頭の中で何度もリピートする

065:産後、最初に食べる食事(病院食)は異常に美味しく感じる

066:会陰切開で縫ったところが引っ張られて痛い

067:抜糸が地味に激痛

068:お母さんみんな乳首が黒い

069:ドーナツクッションがないとお尻がいたい

070:トイレが遠くなる、尿意を感じない

071:トイレに行くための一連の流れが非常にめんどくさい

072:助産師さんは人によって言うことが違う(授乳の仕方 etc.)

073:助産師さんが思ったより厳しくて怒られる

074:助産師さんに黄疸のことで脅される(黄疸がなくならないと退院できない)

075:入院というよりは合宿みたいだ

076:とにかく様々なことを毎日記入する(トイレの回数や母乳の量など)

077:意外とまだお腹が大きいまま

078:体重も意外と減っていない

079:携帯のアラームで周りの人に迷惑をかけてしまう

080:赤ちゃんを抱っこする時に無呼吸アラームの電源を切り忘れて、アラームが鳴ってしまう

081:無呼吸アラームの音がトラウマになりそう

082:赤ちゃんの病院着が小さいバスローブみたいでかわいい

083:お見舞いに来た人の手洗いが気になる

084:赤ちゃんの鳴き声で他の赤ちゃんが起きることは意外とない

085:我が子の鳴き声は聞き分けられる

086:とにかく寝られない

087:消灯後に睡魔が襲ってくるが寝られない

088:1時間続けて寝られたらかなり嬉しい

089:朝の検診で赤ちゃんが詰所にいる時が唯一の睡眠チャンス

090:オムツを1日15回以上は替える

091:オムツ替えの最中におしっこを噴射される

092:赤ちゃんは母乳をよく吐く

093:吐いた母乳で肌着の首元が黄色くなる

094:退院後、自宅でミルクがつくれるか不安

095:初めての沐浴指導に緊張する

096:赤ちゃんの爪が伸びていることに感動する

097:さっそく爪を切ってみる

098:赤ちゃんの写真をめちゃくちゃ撮る

099:実物が隣にいるのに写真をみてニヤニヤする

100:新生児という存在にとてつもなく愛おしさを感じる

以上、僕の嫁の体験談を元に、初産の時に思ったコトを100個抜粋してみました。

いかがでしたでしょうか?みなさんにもあてはまる項目はありましたか!?
特に「わっかるわぁ。」となったのは何番でしたか?
出産というのは人それぞれがエピソードを持っていて面白く、それでいてかけがえのない一生の思い出ですよね。
今では生まれて5ヶ月が経ちました。日々、育児に奮闘しながらも最近になってやっと休める時間もできて、楽しんでやってます。

みなさんも色々あるかとお察ししますが、上を向いていきましょう!

新生児期に我が家で用意した育児グッズまとめ。+参考サイト。

この記事を書いた人

GUU
普段の仕事はグラフィックで今年6年目。
海外旅行が趣味で、年に数回は海外へ逃避していました。
今は子供との時間を優先した生活を送っています。
ヒマな時にブログを書くので更新はゆっくりペースです。
ライターのYutaとマカオのWEBマガジンサイトを共同運営しています。
最近は、旅行行きたい欲が半端ないです・・・