Thumb Sprain

【Logicool:MX Master 3】マウス1つで作業効率がアップする!

By
約4分
【Logicool:MX Master 3】マウス1つで作業効率がアップする!

在宅勤務の影響から家ではノートパソコンとデスクトップ、会社のノートパソコンの3台を日々使い分けています。以前はマウスは2台(BluetoothとUSBレシーバー)で運用していたんですが、デスクトップが加わったことで、台数が足りず、Bluetoothはペアリングが面倒くさいので、USBレシーバーを日々抜き差しして使い分けていました。
そんな面倒くさい生活から脱却すべく今回は3台までペアリングができるマウスLogicoolの「MX Master 3」を購入したので紹介します!

同じMasterシリーズのキーボード「MX KEYS」

【Logicool:MX KEYS】タイピングが捗る、完璧なキーボード。

MX Master 3

「MX KEYS」と同じMasterシリーズの「MX Master 3」は、手の形に合わせて作られたマウスで使い心地は抜群。”進む・戻る”のボタンや横スクロールのホイール、ジェスチャーボタンが作業効率を劇的にアップデートしてくれます。

約1か月ほど使用してみた感想

良かった点

  • 手が疲れない
  • 3台のペアリングが便利
  • 横スクロール、ありがとうございます。

今まで使っていたマウスと違い、手が疲れない。今までのマウスだと2、3時間パソコン作業をしているとマウスを使っている右手疲れてきます。MX Master 3に変えてからは手の疲れがなくなりました。正確には僕の使用している時間(2、3時間)では疲れない。
ただし、だいぶサイズが大きくなり、慣れるまでは使いづらいです。また、使い始めはサイズや重さになれず筋肉痛になってしますので、2日は頑張って使い続けてください。

キーボードのMX KEYSと同じで3台までペアリングできるので、いちいちマウスを変える必要がないのがありがたい。裏にあるボタン一つでデバイスチェンジできるのでストレスフリーで作業を始めることができます。

いままで使ったことなかった横スクロールのホイールが便利でした。エクセルや動画編集時にウインドウのバー、またはスクロールホイールをクリックして横スクロールしてましたが、このホイールでサクサク横スクロールでき、作業への没入が深くなります。

もうちょっと。

  • 電磁気スクロールが優秀すぎる
  • 少し重い

スクロールが優秀すぎて対応できないことが多々発生。作業上、”ctrl”を押すことが多いんですが、ウインドウの上で「ctrl + スクロール」で画面の拡大・縮小ができますが、MX Master 3の電磁気スクロールは優秀すぎて、スクロールの力加減によっては指を離してもスクロールし続けるので、気づかずに”ctrl”を押すとウインドウが大変なことになります。一日に数回は拡大されたり、縮小されたりするのでいい加減慣れたい。

重さに関しては、不満はないんだけど、もう少し軽ければありがたい。重い分、高級感と安定性はあるんだけど、素早く使えないのが難点の時もあります。

総評:1歩前に進みたいなら買うべきマウス

マウスを買い替える必要がない人は、便利なマウスではありますが、買っても大きな恩恵はないかもしれません。

ただし、3台のパソコンを使い分ける必要のある私は買って大正解でした。シームレスなデバイスの切り替えや割り当てが可能な様々なボタンが、日々の作業効率を上げてくれます。

新しいマウスを探している人や、1歩先を進みたい人にはオススメのマウスですので、是非検討してみてください!

この記事を書いた人

Yuta
元外資系航空会社スタッフ。現在は情報・通信業で働くサラリーマン。休みの日はパソコンをひたすら触っています。GUUと共同運営しているWebマガジン Macau Packersもよろしくお願いします!!
Follow :