Thumb Sprain

トラムは鬼混み!金鐘駅からタクシーでビクトリアピークへ。

By
約 4 分

香港一人旅行2日目。
初香港ということで有名な観光スポット「ビクトリアピーク」へ行くことに。

ビクトリアピークへの行き方を調べると、山岳鉄道のピークトラムに乗って行く方法が人気らしい。
しかし、休日ともなれば大変な混雑なんだとか・・・。
今回は2泊3日の旅行で時間があまりないし、体力もない。笑

タクシーで行って、サクッと見て、タクシーで帰ろう。

ということで、MTRの金鐘という駅のタクシー乗り場からビクトリアピークまで行けるらしいので、実際に行ってみました。

金鐘駅のC2出口からタクシーで向かう

金鐘駅に着きました。

タクシー乗り場のあるC2出口から出ます。

出てすぐにタクシー乗り場がありました。
ビクトリアピーク行きは片道HKD70です。

運転手さんに「ヴィクトリアピーク!」と伝えて、乗車しました。

運転手さんの反応が微妙で、ビクトリアピークまで行ってくれてるのか若干の不安はありましたが、どうやら山頂へと向かってくれている様子。

15分弱でビクトリアピークに到着

早い!無事ビクトリアピークに到着です。15分もかかりませんでした。
帰りもここからタクシーに乗ります。

タクシー乗り場から歩いて1分程で、スタイリッシュな建物(The Peak Tower)に到着。
並んでいるのはトラムの列です。すごい行列・・・。

展望デッキのチケットを購入

建物の中で、展望デッキ(スカイ・テラス428)に登るためのチケットを購入。

大人:HKD52 子供、シニア:HKD26 でした。
時刻は16時前。夜景も見たいと思っていましたが、予想以上に早く着きすぎました・・・。

2階にあるバーガーキングでもの凄くゆっくりとバーガーを食べて時間を潰します。
今、展望デッキに出たら暑すぎて日が沈むまで待てない・・・。

展望デッキへ

17時〜18時頃の景色です。

日が沈みかけてくる時間帯になると、続々と人だかりが・・・。

夜になると景色は綺麗ですが、人はカオス状態です。さすが人気のスポット。
これ以上増えない内に、そそくさと退散しました・・・。

帰りはタクシーで中環駅(セントラル)へ

トラムの行列、帰りも鬼混みです。
何時間並ぶか想像するだけでも疲れる・・・。

ではタクシー乗り場に戻ります。

帰るついでにビクトリアハーバーのライトショーを見に行こうと、中環駅(セントラル)へ行くことに。
片道HKD75です。

運転手さんに「セントラル!」と伝えて乗車します。

無事、中環駅(セントラル)に到着。
中環からフェリーで反対側の尖沙咀(チムサーチョイ)へ渡り、ビクトリアハーバーでライトショーを見ることができました。

かかった費用

行きタクシー代:HKD70(金鐘駅→ビクトリアピーク)
展望デッキのチケット代:HKD52
食事代:約HKD60(覚えてません・・・)
帰りタクシー代:75HKD(ビクトリアピーク→中環駅)
合計:HKD257(約3,700円)

ゆっくりした時間の確保、体力の温存、と考えると全然許容範囲の金額でした。
トラムよりは高いですが、体力のない僕にとって費用対効果は抜群です。

さらに、帰りに中環駅(セントラル)に15分程で行けることにより、ビクトリアピークの夜景を見た後に「ビクトリアハーバーのライトショー」にも間に合うというおまけ付き。
トラムの行列に並んでいてはライトショーの時間に間に合わないのではないでしょうか。

とにかく時間がない!
行列に並ぶのがキライだ!
トラムは正直興味ない!
もう疲れた!
ってゆう人には、タクシーで行くのをおすすめします。

では、良い香港旅行を。

3泊4日のまとめブログもCheck!

LCCとAirbnbを利用!3泊4日の香港一人旅行まとめブログ。

この記事を書いた人

GUU
東京在住の一般人。
海外旅行が趣味で年に数回は海外へ逃避していました。
今は子供との時間を優先した生活を送っています。
基本ヒマな時にブログを書くので更新はゆっくりペースです。
ライターのYutaとマカオのWEBマガジンサイトを共同運営しています。