Thumb Sprain

【混ぜるだけ!】ネットで調べた通りにカルボナーラをつくってみたら思わず口からボーノがこぼれた。

By
約3分

子供が生まれて5ヶ月、仕事・家事・育児と自分の時間がまったくなくなりました・・・。
そんな状況でも、土日にランチをつくることで気分が少し晴れることに気づく。
普段は料理などしないので、これは新たな発見かもしれない!

ある日の土曜日ーー
お昼時、カルボナーラを作ってみようと思い立ったのでネットで検索してみることに。
「簡単そうなのは・・・」と探していたら、良さそうなのを発見!
作り方を真似して作ってみたら簡単に美味しくできたのでブログに載せておきます。

ではさっそく。

材料

  • 粉チーズ
  • 生卵
  • ベーコン
  • にんにく
  • オリーブオイル
  • 塩/コショウ

牛乳や生クリームは使いません!

簡単な流れ

  1. ボウルに粉チーズと生卵を入れておく。
  2. オリーブオイルでにんにくとベーコンを炒めてボウルに投入。
  3. 思ったより多めの塩を入れてパスタを茹でる。
  4. 茹でたパスタをボウルに投入
  5. 素早く混ぜる
  6. 出来上がり

簡単ですね!
写真付きで詳しく説明します↓↓

1.ボウルに粉チーズと生卵を入れておく。

こんな感じで、ボウルの真ん中に粉チーズで仕切りを作って、片方の溝に生卵を入れます。
後で、もう片方の溝に炒めたベーコンを入れます。

2.オリーブオイルでにんにくとベーコンを炒めてボウルに投入。

フライパンにオリーブオイルを多めに入れて、にんにくとベーコンを炒めます。
ベーコンはカリカリが好み。この時点で塩とコショウで味付けします。
ある程度焦げ目がついたら追いオリーブオイルをして、アヒージョみたいにしておきます。

良い感じに出来たらボウルに入れます。

3.思ったより多めの塩を入れてパスタを茹でる。

コンロが2口以上あれば、最初からパスタを茹でておいてもOK。
塩は思ったよりも多めに入れるとパスタに下味が付くので良いらしい。

4.茹でたパスタをボウルに投入。

ボウルにパスタを入れた後、すぐに混ぜるのではなく10秒ぐらい蒸すと良いらしい。

5.卵がダマにならないように素早く混ぜる。

ここからはとにかく早く。
粉チーズが熔けるように、生卵がダマにならずにパスタに絡むように、素早く混ぜたら皿に盛りつけます。

6.出来上がり。

大変よくできました。

「うん、ボーノ。」

卵とチーズ、にんにくにオリーブオイルというシンプルで定番の味付け。
そこに塩っ気があるカリカリのベーコンがアクセントになってGood。
生クリームを使わないところが、逆に本格的な味に近く感じて美味しかった!
なにより簡単に作れたってゆうのが助かりました。

みなさんも献立に迷ったら、この簡単カルボナーラを作ってみてはいかがでしょう。

では良い土曜のお昼を。
ciao!

この記事を書いた人

GUU
普段の仕事はグラフィックで今年6年目。
海外旅行が趣味で、年に数回は海外へ逃避していました。
今は子供との時間を優先した生活を送っています。
ヒマな時にブログを書くので更新はゆっくりペースです。
ライターのYutaとマカオのWEBマガジンサイトを共同運営しています。
最近は、旅行行きたい欲が半端ないです・・・